スポンサーリンク

ストレス発散方法よりもストレスを力に変える方法ランキングです!

90d111a7ab3cf860d518a422d5de3acf_s (1)

皆さんは多かれ少なかれ、何らかのストレスを感じ日々を過ごしておられると思います。ですがストレスはそんな生易しい物ではありませんね。

会社や学校、受験、いじめ、ママ友、出世、等々数え上げればキリがない位、今の世の中はストレスに満ち溢れていると言っても過言ではありません。

そして、ストレスが強い人は心身共に疲れ果て、様々な病気や障害が出る方も多いと感じます。

ですが、ここ最近、ストレスに対する考え方が少し違って来ているのです。それは、ストレスを力に変えると言う考え。

もしも、本当にストレスを力に変える事が出来たら人生は一変するかもしれません。

スポンサーリンク

ストレスはあったほうが良い?

最近では、ストレスは無いよりもあったほうが良いと言う考えが浸透しつつあります。例えば、水族館にいるイワシを例にとってご説明いたします。

ある水族館では、水槽のイワシを1.5倍長生きさせる事に成功したと言われています。その仰天の方法は水槽にサメを入れると言うもの。

イワシの天敵であるサメを同じ水槽に入れる事で、逆にストレスでイワシが死んでしまうと思われますが、実はサメの存在がイワシにとって適度なストレスになり、サメから逃げる為に適度な運動量が増え1.5倍長生きしたと言うもの。

また、学校のテストの実験では、ストレスでドキドキする事がテストで良い結果を生むことが分かっています。

これは、ほんの一例ですがストレスは、体に害を与えるだけではないと考える事が出来るのではないでしょうか?

思い込むと言う事

マインドセット、つまり「思い込み」は侮ってはなりません。その例をご紹介いたします。

あるホテルの女性客室係を対象に調査されました。それは、女性客室係の仕事は1時間に300キロカロリーも消費するハードな仕事なのにも関わらず、太っている人が多いと言う事。

女性客室係の方にアンケートをしてもらった結果、普段は何も運動していない人がほとんど。

ですが、女性客室係の仕事はハードな仕事であり、この仕事は運動になることを教えたのです。

すると4週間後、仕事内容は全く変わらないのにも関わらず、体重と体脂肪率が減少したと言う結果になりました。

また、こんな例もあります。人は年齢を重ねると、どうしてもネガティブに物事を考えがちです。ですがポジティブな考えを持つことで寿命が8年も延びると言う実験結果もあります。

ストレスは無い方が危険

実は、ストレスは無い方が危険とも言われています。例えば会社を退職するとリラックスし自律神経の副交感神経が物凄く上がってしまい、血管が開いたままになり血流が悪くなると言われており、結果、うつ病になる可能性が高いと言われています。

スポンサーリンク

ストレスを力に変える方法

ストレスはチャレンジ精神を生むと言われています。これをストレスのチャレンジ反応と呼ばれています。

チャレンジする人は血管の収縮が無く鼓動が速くなり、全身にエネルギーが送られます。その結果、アドレナリンが大量に分泌し気分が高揚します。

自分自身をチャレンジ反応に持って行く、もっとも効果的な方法は自信を持つ事と言われています。

ではどうすれば自信を持てるのか?と言うと、それは個人的な強みを認識すると言う事。どれだけ準備を重ねてきたのか?過去の問題をどうやって乗り越えてきたのか?を思いだしてください。

その時、ストレスがチャレンジ反応に代わると言います。つまり、ストレスがチャレンジ精神を生み出し、前向きに物事を考える事が出来ると言う事ではないでしょうか?

ストレスを力に変えるには、ストレスはあったほうが良いと言う事を自分自身に思い込ませる事が大切なんです。

人間はストレスを感じると心臓の血管が収縮し苦しくなります。ですが、ストレスは大切なものと思い込ませることにより、心拍数が上昇しても心臓の血管の収縮が見られない事が分かったのです。

これは、思い込みを変えるだけで体が反応する事が証明されたと言えるのではないでしょうか?

ストレスから立ち直る方法

辛い事があって大きなストレスを抱えた時、ある事をすると早く立ち直る事が出来ると言われています。

それはボランティア活動と言われています。ボランティア活動をした人のPTSD(心的外傷後ストレス障害)が早く回復すると言うデータがあります。

人間は、ボランティア活動をするとオキシトシンというホルモンが分泌されます。オキシトシンは恐怖を鈍らせ勇気を沸かすホルモンと言われ、自分が苦しい時に誰かを助ける事で自分自身も早く立ち直る事が出来るのです。

他にもこんな実験結果があります。ストレス状態の人で、ボランティア経験が無い人の死亡率は30%も上昇したのにも関わらずボランティア活動をした人の死亡率の上昇は0%と言う結果になりました。

ボランティア活動をすることで寿命も延びる事が分かったと言います。

ストレスを力に変える方法ランキング

では、実際にストレスを力に変える方法をランキング形式でご紹介いたします。

第1位・・・ストレスはあったほうが良いと思い込ませる。
第2位・・・ポジティブな考え方に変える。
第3位・・・ボランティア活動をする。

ストレスは万病の元ではないかもしれない

ストレスは、自分自身を鍛えてくれる栄養素なのかもしれません。要はストレスの捉え方なんだと言えます。

そんなこと言っても、そう簡単にはストレスを力に変える事なんて、かなかな出来る事ではありません。

ですが、今回ご紹介した、「ストレス」でイワシが長生きした事。「思い込み」によりダイエットできた女性客室係、「ポジティブ精神」で長生き、ストレスは「チャレンジ精神を生む」事は、ちゃんとした実験をした結果なんです。

思い込むだけでストレスを力に変える事が出来るのなら料金も一切かかりません。これからの生活に思い込む力を取り入れてみてはどうでしょうか?

*この記事は世界一うけたい授業に出演したスタンフォード大学講師ケリー・マクゴニガル先生のお話を参考にしています。

あなたのライフスタイルが綺麗で健康的なものでありますように。