スポンサーリンク

その症状ストレートネックかも・・・原因と簡単チェック方法

ストレートネック 2

肩こりや首の痛みの原因とも言われていて症状が悪化すると、首や肩だけでなく最悪の場合脳梗塞の恐れもあると言われている「ストレートネック」

あなたの毎日の首の疲れや肩こりはストレートネックが原因かもしれません。まずは、ご自身の疲れがストレートネックによるものなのかどうかをチェックするのも大切ですよ。

スポンサーリンク

ストレートネック

ストレートネックとは

頚椎の生理的前湾角度 30度以下(ストレート)の首の状態をいいます。本来人間の首の骨は自然に前に向かって反っています。ですが首を使いすぎたりすると首の骨(頚椎)の列が真っ直ぐに(ストレート)になってしまいます。

首の骨がストレートになってしまうと、約5kgあると言われている人間の頭を支えるべき首や方の筋肉に負担がかかり床からの衝撃をうまく吸収されなくなってしまいます。

例えるなら、ストレートネックの方というのはサスペンションの効かない車に乗っているのと同じ状態といえば分かり易いでしょうか?

ストレートネックの症状

ストレートネックの症状は首の痛みや肩こりだけでなく以下のような症状がみられます。

・腕のしびれやだるさ
・運動制限(特に上を向くとビキッと痛い)
・頭痛、頭重感

症状がひどくなると・・・。

・めまい
・耳鳴り
・吐き気
・上肢のしびれ
・脱力感

最悪、脳梗塞の危険もあると言われている結構厄介な症状なんです。

スポンサーリンク

ストレートネックの原因

姿勢が悪い

ストレートネックの代表的な原因が「悪い姿勢」です。人はついつい「前かがみ」や「うつむき」の姿勢になりがちです。色々な場面でついやってしまう、この姿勢こそがストレートネックの原因なんです。

例えば、パソコンを操作する時、スマホや携帯をいじる時なんかが悪い姿勢をしてしまう場面です。特に若い人達って一日中スマホをいじっている人も多いのではないかと思います。

その悪い姿勢を長く続けていると首の骨がストレートになって段々と元の自然な反りが無くなっていってしまうんですね。何気ない生活の中の何気ない行動の積み重ねがストレートネックの原因になります。

枕の高さや寝具とのバランスが合わないことによって頚椎が前傾になっている状態が続くこともストレートネックの原因になります。

更に、気づきにくいのが寝返りを打った時の「横向き状態」の首の角度です。仰向けの状態では、ちょうどいい高さでも横向きになると首が少し落ちた状態になり、これも首への負担となってしまいます。

最近、首の調子がよくないという方は、枕の見直しも検討してみることも大切です。

猫背

ストレートネックは猫背にも起因しています。実は猫背は自分ではあまり気づかないものであり自分は猫背ではないと思っている人も結構たくさんいるのです。

ですが、専門家が見れば猫背になっている「隠れ猫背」である事がよくあります。

簡単!ストレートネックチェック方法

通常は病院に行き検査してもらうのがよいのですが病院に行く時間中々できない方に、以下のストレートネック簡単なチェック方法をご紹介いたします。

1. 壁を背にして直立します。
2.かかとを壁にくっつけます。
3.背中を壁にくっつけます。
4.少しあごを引きます。

この時の頭の位置が重要で頭が壁にくっついているなら問題ありません。ですが壁から離れていたとしたらストレートネックの可能性があります。気になる方は病院で診察することをオススメいたします。

最後に

私は首の痛みや肩こりが酷いと何をしていても辛くて苦しくていつも疲れた表情をしていました。現在は自宅でできるタオル枕ストレッチポール、そして2週間に一度の整骨院でのマッサージでかなり回復しました。

みなさんも普段の生活習慣を見直し、正しい姿勢でストレートネックを改善してみてはどうでしょうか?

あなたのライフスタイルが綺麗で健康的なものでありますように。