スポンサーリンク

仕事別なりやすい病気と対処方法とは?早く気付く事が長生きする秘訣です。

疲れた

ほとんどの人は何らかの仕事に携わって生活していますよね。毎日元気良く働くことが出来れば問題ないのですが、仕事が原因で何らかの病気になってしまうこともあります。

今回は、仕事によってなり易い病気が分かったので、仕事別になり易い病気とその対処方法を探ってみました。

スポンサーリンク

健康リスクの高い仕事

では、実際に仕事別になり易い病気を見ていきましょう・

糖尿病《運転手、美容師》

運転手や接客業に言えることは食事を取り損ねたり、ちゃんとした食事がなかなか取れないため、清涼飲料水や間食を取りがちになると言われています。そして血糖値が次第に高くなり、それに気づかずに糖尿病予備軍になると言われています。

心筋梗塞《販売員、営業、保険外交員》

これらの業種は、顧客の都合に合わさなければならないことが多くあります。その為に食事のタイミングが毎日バラバラになりがちです。

そしてサッと食べれる高カロリーな食事になりがちなんです。さらに、この職業の方は寝る前に食事をとってしまう事が多くあります。

その結果メタボリックシンドロームの原因になり、動脈硬化を加速させ、心臓に負担を掛けてしまうのです。

高血圧《SE、デイトレーダー、編集者、イラストレーター、アニメーター》

これらの職業は緊張状態が長く続く職業になります。緊張状態が長く続くと、自律神経の中の交感神経が優位になります。

その結果、血管が縮みやすくなります。そして血圧が高くなってしまいます。更にデスクワークで同じ姿勢での作業になる為、血液の流れが鈍くなってしまいます。

デスクワークに肩こりが付きものなのは、その為なんです。つまり血圧を上げる結果になってしまいます。

脂肪肝・肝臓病《医療関係者、介護関係者、コンビニ店員、24時間シフト制で働く人等》

これらの職に着く人は仕事が終わると、次の仕事まで時間があるため、食事の時間が長くなる傾向にあります。ゆっくりお酒を飲んだり、つい食べ過ぎたりと知らず知らずに体に負担をかけてしまいます。

中半へ続く・・・。

スポンサーリンク

体に悪い要因

疲れた1

これまでの紹介で、体に負担をかける要因に気付きましたか?それには大きく分けて2つの要因があります。その要因とはどんなものでしょう。

-要因1-

食事に関してになります。具体的に言うと、食事の取り方とその内容です。つまり毎日食事の時間が違ったり、又、食事を取ったり取らなかったり。寝る前に食事したりしてしまう職業。

-要因2-

リラックスできず、常に緊張状態が続く仕事。ということになります。では何か効率のいい改善方法はないのでしょうか?

仕事の中には、「早死しやすい仕事」と「長生きしやすい仕事」があります。つまり仕事によって健康リスクが違うということですね。

仕事が悪いわけでなく、仕事によって生活パターンが悪くなり、健康状態に差が出てくると言う訳なんです。

後半へ続く・・・。

スポンサーリンク

健康リスク改善方法

仕事が忙しくて「そんなのに構っていられない」なんて声が聞こえてきそうですが、仕事ができるのは、「健康だからこそ」ですよね?それではどうしろと?と言うことですが、やはり生活習慣を改善するほかありません。

ですがちょっとした事で、体に優しい生活パターンになるのです。例えば夜遅くに食事をしてしまう時などは、低カロリーで消化に良いものを取るようしたり、そしてストレス解消のために趣味を持ったりしましょう!

女子にモテる趣味なんてどうですか?

さらに運動です。出来ればスポーツをする。それが無理なら毎日の生活の中でなるべく歩くようにする。なるべく階段を使う。ちょっと見直すだけで軽い運動ならできますよね?

これはストレッチをするものですが、接骨委員の先生もオススメするポールなんです。更に肩こり改善にもなる優れものなんです!気持ちいいですよ!

更に、年に一度は健康診断。早期発見早期治療は健康で過ごすための鉄則です。

時間がなかなか取れない人には自宅でできる郵送検診キットなんてのも有りますので、利用するのもひとつの手段ですよ?ちょっと高いかもしれませんが、命を守る値段としては安いかな?

改善方法はよく聞く当たり前のことばかりですが、コレがなかなかできないんですよね。ですが裂けて通ると後々悲惨な結果にならないとも限りません。ともあれ、「健康」は人生を楽しく生きるに欠かせないものですよね。お互い気をつけましょう!

あなたのライフスタイルが綺麗で健康的なものでありますように。