Beauty&Healthy-Lifeにお越し下さり、ありがとうございます。当サイトは、アンチエイジングを始めとするサプリや個人輸入でしか入手できないアイテムを多数紹介していますが、あくまで情報の一つとして、参考程度にお楽しみください。当サイトは一切の責任を負いかねます。
スポンサーリンク

Zomet(メトホルミン)の危険な効果と副作用と口コミ!糖尿病薬でダイエット?

糖尿病薬でダイエット?出来るのか?


早速口コミを見てみる>>[メルビンジェネリック]ゾメット(Zomet)500mg

Zomet:ゾメットは、メルビンのジェネリック医薬品で血糖値を下げる働きがあり2型糖尿病治療薬になり、有効成分を「メトホルミン」とします。

日本では、同成分である「グリコラン(日本新薬)」「ネルビス(三和化学研究所)」等の薬があるようです。

そんな、Zomet(メトホルミン)には、血糖値を下げるだけでなく、アンチエイジングや寿命を延ばす効果もあるといわれています。

そして、Zomet(メトホルミン)を利用してダイエットをされている方もいるとか?

ですが、Zomet(メトホルミン)に本当にそんな効果があるのか?Zomet(メトホルミン)
について調べてみました。

スポンサーリンク

まずはコレ、2型糖尿病とは

2型糖尿病とは、インスリン非依存型糖尿病とも言われ、食べすぎや運動不足、ストレスなどの生活習慣の乱れからくる症状で、インスリンの働きを妨げ、血糖の上昇などを招くといわれています。

一般的には、適度な運動とバランスのとれた食事など、生活習慣の乱れを改善することなどで治療を行うといわれています。

ですが、それでは十分な効果が得られない場合、薬による治療方法が追加されるといいます。

糖尿病薬の種類とは

糖尿病の治療薬は、薬の性質や効く部位の違いによって以下の3つの種類があるといいます。

  • インスリンの分泌を促すタイプ
  • 糖の排泄を調整するタイプ
  • インスリンの効きをよくするタイプ

Zomet(メトホルミン)は、この中の「インスリンの効きをよくするタイプ」のビグアナイド系に分類される血糖降下薬になります。

血糖を下げるには、インスリン分泌を促進させるタイプと、インスリンに頼らず血糖を下げるものがあり、Zomet(メトホルミン)は後者になるようです。

Zomet(メトホルミン)とは


>>[メルビンジェネリック]ゾメット(Zomet)500mg

Zomet(メトホルミン)とは、インドに拠点を置くインタス・ファーマシューティカルズ(Intas Pharmaceuticals Ltd)社が製造する2型糖尿病治療薬です。

インタス・ファーマシューティカルズは、2006年に設立し、国内で12位にランクインしている巨大製薬会社です。

国内市場では、5%以上のシェアを持っている他、北米、ヨーロッパ、中南米をはじめとするオーストラリアやアジアなどでも流通しており、インドはもちろん、それ以外にも世界10ヶ国に製造工場を所有し、それぞれの国の厚生労働省にあたる機関から承認をうけています。

有効成分「メトホルミン」とは

メトホルミンは、肥満・非肥満にかかわらず、同程度の血糖降下作用を示すとされており、インスリン分泌を介さずに、以下の3つの作用により血糖を下げるといわれています。

糖の新生抑制

メトホルミンは、肝臓での糖分の生成を抑制し血糖を低下させるといわれています。

糖の利用促進

筋肉、脂肪組織などのエネルギーを消費する場所での糖分の利用を促進する働きがあるといいます。

そうすることで、血糖値が下がりインスリンの分泌が低下している方にも効果が期待できるとされています。

糖の吸収抑制

糖質は、消化され小腸で吸収されますが、メトホルミンは小腸における糖分の吸収が抑制する作用があるといわれています。

その為、血液中の糖が減り、血糖値が下がるとされています。

糖尿病だけじゃない?メトホルミンの効果

有効成分のメトホルミンには、2型の糖尿病だけでなく、以下の様な興味深い効果があるといわれています。

抗がん作用

メトホルミンを使用している方は、がんの罹患率、死亡率が低い事が知られており、インスリンの産生量を増加させないため、がん細胞の増殖抑制や発がん率の低下の可能性があるといわれています。

アンチエイジング

米国立老化研究所のマウスを用いた実験では、メトホルミンを投与したマウスは、投与していないマウスと比較して5%寿命が延びることが明らかになっているようです。

また、メトホルミンによる治療を受けている糖尿病患者はそうでな糖尿病患者と比較して長生きすることが分かったといわれています。

ダイエット効果

体重の増加は、血糖値が上がる事でインスリンが分泌され、そして脂肪細胞が増えることで起こるといわれています。

ですが、メトホルミンは、インスリンの分泌を介することなく血糖を降下させるため、脂肪細胞が増加しにくいといわれています。

そして、実際にダイエット目的で使用されている方が多いようで、それなりの効果があるようです。

いわゆる低インスリンダイエットといったところでしょうか?

Zomet(メトホルミン)の飲み方

規定では、通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として以下のようになっているといいます。

  • 1日500mg(1錠)より開始
  • 1日2~3回に分割して食直前又は食後に経口投与

維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日750~1,500mg(1.5~3錠)とする。なお、患者の状態により適宜増減するが、1日最高投与量は2,250mg(4.5錠)までとする。

飲み忘れに気づいても服用せず、次の服用時に決められた用量を服用し、2回分を一度に服用しないこと。

本剤を服用中も必ず食事療法、運動療法を守るよう心がけ、医師の決めた量と服用時間を守り、勝手な判断で変更してはいけない。

となっています。

いずれにせよ、医師による診断を受けることが大切ですね。

Zomet(メトホルミン)の副作用

残念ながら、Zomet(メトホルミン)には以下の様な副作用があるといいます。

  • 下痢
  • 悪心
  • 乳酸アシドーシス
  • 低血糖
  • 肝機能障害
  • 黄疸
  • 横紋筋融解症

などの症状が現れる場合があります。

乳酸アシドーシスとは

メトホルミン特有の副作用と言われており、乳酸が血中に溜まった結果、血液が著しく酸性に傾いた状態のことになります。

初期症状としては、吐き気や嘔吐、腹痛や下痢、そして、筋肉痛や手足のふるえ、体がだるい、胸の痛み、腰痛などといったモノがあるといいます。

横紋筋融解症とは

横紋筋細胞が融解し筋細胞内の成分が血中に流出する症状で、次第に疼痛や麻痺・筋力減退・赤褐色尿などの症状が発現するといわれています。

その他にも、何か体調に異常を感じたら使用を中止して、医師による診断を受けることが大切です。

また、Zomet(メトホルミン)の注意事項は、沢山あり使用の際は、注意事項を熟読し安全に使用しなければなりません。

更に、重度の肝機能障害の方や中等度以上の腎機能障害の方、その他にも使用は出来ない方ももおられますので注意が必要です。

Zomet(メトホルミン)とは、こういった薬になるのですが、これだけの情報では少々心もとないので、実際にZomet(メトホルミン)を使用している方々の不満やマイナス点を聞いてみてください。

やっぱり効果なし?Zomet(メトホルミン)のマイナス点

  • 粒の大きさには少し吃驚(笑)
  • 2日目だけひどい下痢
  • 下痢のような状態になります
  • 空腹時に飲まないと効きが悪い
  • お腹や腕に湿疹が出てしまい内服を中
  • 服用後異様に眠くなってしまい、おかしいと思い中止
  • これのみでは痩せません
  • 吐き気と眠気と意識がぼんやりする
  • 眠気はある
  • 2箱続けてみましたが健康診断の結果は変化なし
  • 下痢とオナラと下腹部の不快感
  • 気分が悪くなる

等のマイナス点が見受けられます。

特に、効き過ぎるのでしょうか?下痢という声が多いようで、ピルカッターで半分にして使用されている方もおられるようです。

しかし、症状が思わしくない様であれば、医師による診断をおススメ致します。

また、個人差もあり効果なしといった声もあります。

Zomet(メトホルミン)の口コミ星4.5☆

では、実際にZomet(メトホルミン)を使用されている方々の喜びの声を聴いてください。

  • 糖質を極力抑ているが油断しそうになるほど劇的に効く
  • 胃腸障害が少なくなりました
  • 食事を気にせず好きなものを食べているのに快便で痩せます
  • コレステロール値も下がりました
  • 病院で検査を受けたところ見事に基準値に
  • 痩せました
  • 血糖値コントロールの基本的な常用薬として手放せない
  • 血液検査の結果は少しずつ値が下がっています
  • 食後の血糖値を下げる効果は高い
  • 食後血糖値急上昇だったのが改善されている
  • ダイエットや血糖コントロールにはかなり効果出てる
  • 糖分がかなり制限されるので砂糖を取りすぎても平気
  • 今のところ副作用もない
  • グルコバイとの併用で健診数値が格段に改善
  • 糖尿病によるふくらはぎの痛み、足の裏の違和感に効能あり
  • 炭水化物のとり過ぎる生活が多いので効果を感じる
  • 1週間で1kgほど痩せました
  • 食欲も少し落ちる
  • 明らかに最近ダイエット効果があったのはこれ
  • すっぴんがきれいになった
  • 体重を気にする私には手放せない薬
  • 食前に飲むと血糖値の上昇が抑制されるのがわかる

等の喜びの声が見受けられます。

Zomet(メトホルミン)は、糖尿病の治療薬と言う事ですが、想像以上にダイエット目的で使用されている方が多いように感じました。

そして、それなりの効果があるようですね。

この他にも、Zomet(メトホルミン)には、良くも悪くも有益な口コミがありますので、是非参考にしてください!

>>[メルビンジェネリック]ゾメット(Zomet)500mg

Zomet(メトホルミン)のココが大事

それは、どこで購入するか?になります。残念ながら、Zomet(メトホルミン)は楽天やAmazonでは購入できないようです。

通常は、医師による処方箋が必要と考えますが、それ以外だと個人輸入代理店を利用する事が一般的なようです。

個人輸入と聞くと、「何だか敷居が高い…」ように感じますが大丈夫です!心配には及びません。楽天やアマゾンとほとんど変わりありません。

違うのは、自らの責任で自ら使用する事が条件になり、転売目的で購入してはならないと言う事になります。

そして、家族や仲間うちでは許容範囲と言われていますが、仮に、万が一に使用上の問題が発生したときは、販売店や国の保証は無いのです。つまり自己責任になります。

更に、デリケートなモノなので絶対の絶対に信用できるサイト以外の購入はお勧めしません!というか、「してはいけない」と言いたいです。

例えば、EDの治療薬として有名なバイアグラなどは偽薬が横行していると言いますし、特に「性の悩み」に関するものは偽物が多いようで死人も出ているようですので注意が必要です。

(言い換えれば、信用できるのなら何処で購入しても良いと思います。)

もしも、Zomet(メトホルミン)に効果を感じないと思うのであれば、それは偽物の可能性を否定できません。

だからこそ、絶対的に信用できる個人輸入代理店を選ぶことが肝心であり、それが「オオサカ堂」と感じます。

オオサカ堂をお勧めできる5つの理由

理由1「丁寧」

迅速丁寧で、分からないことも親切に対応してくれます。

理由2「安い」

業界でも最安値ではないか?と思われます。そして全国送料無料で、メーカー正規品保証になります。これって本当にありがたい事です。

当サイト管理人以外にもオオサカ堂に感謝されている方は沢山いますし、口コミを見ればわかります。

理由3「安心できる」

私や家族がいつも利用していて安心できるからです。数年前から利用していますが、一度としてトラブルがありません。

また、Zomet(メトホルミン)だけではありませんが商品名は記載なしで中身が分からない様に届けてくれるのも助かります。

クレジットカードを利用した場合の利用明細も商品名およびサイト名の記載はありません。

理由4「対応が早い」

分からない事があればメールで尋ねるとすぐに返事をくれるのも(1日ぐらい)嬉しいですね。

Zomet(メトホルミン)においても、例えば関税や税関など不安な事があれば聞いてみると良いでしょう。丁寧な返信がいただけます。

ただし、オオサカ堂はメーカーではありませんのでメーカーにしか分からないような事は流石のオオサカ堂でも分からないのです。

理由5「信用できる」

口コミが信用できると思います。もちろん、私も最初は半信半疑でしたが、オオサカ堂を利用してみて口コミが大げさでない事が分かったからです。

私や家族の経験から悪い口コミも「なるほど」と思えますし、良い口コミも大げさではないことが購入して使用してみて実感出来ています。

この胡散臭いって思うほどの効果の真相は以下にて確認できます!あなたの世界で一番厳しい疑いの目で、実際に使用されている方々の生の口コミを是非ご覧ください!

オオサカ堂とZomet(メトホルミン)のリアルな口コミは↓↓↓


>>[メルビンジェネリック]ゾメット(Zomet)500mg

最後に

Zomet(メトホルミン)は、糖尿病に対して効果が期待できる事は、少しでも伝えられることが出来たなら幸いです。

しかし、Zomet(メトホルミン)は、あくまで薬です。副作用も在ります。間違いがあってはなりませんので、症状に悩むなら、まずは病院に行って医師と相談し処方してもらう事が先決です。

Zomet(メトホルミン)を試したいと考えるのであれば、注意事項をよく理解して個人輸入を自己責任の上で利用して、お金や時間、そして労力と言った私たちの貴重な財産を節約する事が賢い方法と考えます。

そして、いくらダイエットしたいからといって、乱用や過剰な摂取は絶対にやめてください。

健康にも良くないでしょうし、もしも問題視されれば、個人輸入でさえ入手できなくなる可能性が大いにあります。

そうなれば、せっかくの良い薬が手軽に手に入れることが出来なくなります。

皆さんのライフスタイルが綺麗で健康でありますように BHL.

参考
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se39/se3962002.html
https://www.kusurinomadoguchi.com/column/articles/XpWyp?page=3
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2016/024632.php