Beauty&Healthy-Lifeにお越し下さり、ありがとうございます。当サイトは、アンチエイジングを始めとするサプリや個人輸入でしか入手できないアイテムを多数紹介していますが、あくまで情報の一つとして、参考程度にお楽しみください。当サイトは一切の責任を負いかねます。
スポンサーリンク

大人のヘルパンギーナの症状とは?潜伏期間と感染経路の話

大人のヘルパンギーナの症状とは?潜伏期間と感染経路の話
ヘルパンギーナ症状潜伏期間

毎年、ゴールデンウイークを過ぎる頃から徐々に増えてくると言われている夏風邪の一種である「ヘルパンギーナ」

主にヘルパンギーナは小さい子供がかかる感染症と言われていますが、感染症であるだけに、稀ですが大人がかかる事も十分に可能性はあります。

特に子供が感染し、看病している時などにかかる事もおかしくない。子供がヘルパンギーナになったら次は自分かも?という考えで行動して間違いないと思います。

そこで、大人がヘルパンギーナになったらどんな症状が出るのか?調査してみました。油断は禁物です。

スポンサーリンク

ヘルパンギーナとは

毎年暖かくなるにつれ患者が増えてくると言われている夏風邪の一種であり、6月下旬あたりから8月中旬にかけてピークを迎えると言われています。

ヘルパンギーナの原因は、「A群コクサッキーウイルス」「B群コクサッキーウイルス」「エコーウイルス」と言われています。ウイルスが原因の病気なので、残念ながら現在のところ特効薬はありません。

大人のヘルパンギーナの感染源

ヘルパンギーナは主に子供がかかる病気ですが、大人も感染する危険性は十分あります。感染には「接触感染」「飛沫感染」があり、その感染源となるのは、多くの場合、感染した子供の看病の二次感染と言われています。

また、感染力が一番強いとされているのが発熱時であり十分に注意が必要です。

感染する大人は抵抗力が落ちていることが予想されますので、重篤化するケースもあると言われております。感染しないように自己管理が大切ですね。

大人のヘルパンギーナの症状

症状としては以下のようなものが挙げられます。

・高熱
・水疱

高熱

39~40℃の高熱が突然出てきて2~4日続くと言われています。その為、倦怠感や冠絶の痛みが出る事も予想されます。

水疱

喉の奥や上顎に水疱のような水膨れが出来るのがヘルパンギーナの特徴です。水疱が破れると痛みが出るので唾を飲み込むことも辛いと思われます。

重篤化

大人がヘルパンギーナにかかると、子供よりも高熱が長く続き喉の痛みも強いと言われています。その為、何かを口に入れる事が辛くなり脱水症状になる事もあります

スポンサーリンク

大人のヘルパンギーナの潜伏期間

ヘルパンギーナの原因であるウイルスの潜伏期間、つまり感染してから発症するまでの期間は一般的に2~5日程度と言われており、長くても1週間程度です。

そして、発症し2~3日熱が出るなどの症状が現れ、ウイルスが体外に出て行くまで約3週間と言われて言います。

症状が回復したとしても便の中にはウイルスがいるのです。手洗いうがいなど清潔を心掛ける事が大切です。

もしも大人がヘルパンギーナに感染したら?

先程も申しましたがヘルパンギーナはウイルス性の病気の為特効薬がなく対処療法が基本となります。

感染したら、潜伏期間を過ぎて高熱を発症しますのでまずは安静にすることが大切です。さらに、高熱に伴い体内の水分を失いますので脱水症状にならないようにコマメな水分補給が重要です。

そして、のどの痛みが出ますので、なるべく喉の負担にならないような食事が必要になります。

例えば、プリンやアイスクリームはカロリーもあるのでお勧めです。

最後に

通常、ヘルパンギーナの発熱は2・3日でおさまると言われていますが、それでも熱が下がらない場合は、合併症を起こしている可能性もありますので病院で診察を受ける事が大切です。

又、夏風邪には今回ご紹介したヘルパンギーナ以外にも「手足口病」「プール熱」があります。

夏風邪に負けない為にも「手足口病」「プール熱」について参照してみてください。

あなたのライフスタイルが綺麗で健康的なものでありますように。