Beauty&Healthy-Lifeにお越し下さり、ありがとうございます。当サイトは、アンチエイジングを始めとするサプリや個人輸入でしか入手できないアイテムを多数紹介していますが、あくまで情報の一つとして、参考程度にお楽しみください。当サイトは一切の責任を負いかねます。
スポンサーリンク

朝スッキリ起きたい!ズボラな私が出来る目覚めの方法

朝スッキリ起きたい!ズボラな私が出来る目覚めの方法

みなさん、朝の目覚めはどうでしょうか?

私は、朝が超苦手なんで、毎朝起きる時、また朝が来たと神様を恨んだりするほどです。

何とかして朝の目覚めをスッキリして、その日一日を快調に過ごしたいと願いつつ、色々調べていると、その方法は沢山あります。

朝スッキリ目覚める方法と、最後にとっておきの方法をご紹介しますので、朝苦手な方は是非参考にしてみてくさい。

ハッキリ言って朝が変わると人生が変わりますよ♪

スポンサーリンク

朝スッキリ起きる方法

まずは、ザックリでいいので朝スッキリ目覚める方法を見てください。

睡眠時間を確保する

必要な睡眠時間は個人差や年齢もあり、人により様々ですが最低でも6時間以上を確保する必要があるとされています。

6時間未満ではスッキリ目覚めることは難しいとされています。

朝日を浴びる

これって一番言われている事ですね。人間には体内時計があります。体内時計は24時間より少し長いため、規則正しく1日を送るためには、リセットが必要ですね。

そのリセット方法が朝の強い太陽光といわれています。朝起きたら、カーテンを開けて太陽の光を浴びる習慣をつけると目覚めもよくなるといわれています。

布団の中で体を動かす

人間の脳は、体温が上がると覚醒するといわれています。それには、布団の中でゴロゴロしたりして体を動かす事です。

始めは、手を手を開いたり握ったりして、足を動かしたりして少しずつ体を動かして体温をあげるようにして下しさい。

この方法、思ったより使えますよ。

好きな音楽を聴く

気持ちよく目覚める為には、耳からの刺激も大切です。

好きな音楽をかけることで脳内で快感伝達物質であるドーパミンが分泌され、血圧と体温が上昇し脳がどんどん目覚めていくといわれていますので、朝セットしておくのも一つの方法ですね。

また、テレビをつけるのもありですね。

アロマオイルを利用する

嗅覚による刺激で、目覚めを快適にする方法です。柑橘系やミント系の香を嗅ぐことで脳が刺激されるといわれています。

スポンサーリンク

ツボを押す

目覚めをよくするツボにも色々あるんですが、一番簡単なのが「失眠」と考えます。失眠足の裏、かかとの真ん中あたりにあります。

健康足踏みなら踏むだけですから、簡単ですし、足の裏を刺激すると言う事はむくみや冷えにも効果的とされているので習慣付けたい方法です。

水を飲む

体を覚醒させるためには、起きてすぐに1杯の水を飲むとよいといわれています。睡眠中の失った水分を補給する為にも、コップ一杯の水飲むとよいですね。

また、胃腸が刺激されるので副交感神経のスイッチが入り、自律神経のバランスが整い、朝すっきりと目が覚めて快適な一日を過ごすキッカケになります。

できれば、冷たい水ではなく白湯か常温の水がいでしょう。

蒸しタオルで顔をぬぐう

蒸しタオルで顔をぬぐう事で、顔や手の神経が刺激され体が覚醒されるといわれています。

そればかりか、朝の蒸しタオルは蒸気で顔の毛穴が開きお肌に水分を与える事ができるので美容にもよいといわれています。

オレンジジュースを飲む

朝に、柑橘系のジュースを飲む事で胃腸が刺激されて体が目覚めるといわれています。柑橘系は酸味があるので他のジュースよりも目覚めの効果が期待できるといわれています。

シャワーを浴びる

朝にシャワーを浴びることにより交感神経が活発になり、目覚めがスッキリします。

スヌーズ機能を止める

携帯のスヌーズ機能を利用している方も多いのではないでしょうか?ですが、使うとしても1回を限度とすることがよいとされています。

何度もセットすると浅い眠りを繰り返し、もっと眠くなり目覚めが悪くなることもあるといわれています。

バランスの良い食事

目覚めだけではありませんが、偏った食事は睡眠の質が低下したり、毎日だるくなりがちです。

可能な限りバランスのとれた食事を心掛けてください。

寝える前のストレッチ

寝る前にストレッチをする事で、朝スッキリ目覚めることが出来るとされています。

寝る前に10分程度ストレッチをする事で、緊張した筋肉が解れ睡眠の質が高まり安眠できるので朝の目覚めが変わります。

でも、めんどくさいので、私は寝る前にストレッチポールを利用しています。

ストレチッチポールとは、体の歪みを正す健康器具で、よくエクササイズで使用します。スポーツジムに通っている方は見たことあると思います。

ストレッチポールの上に寝転がるだけで背骨周りの筋肉から体の奥の小さな筋肉まで、緩める事ができる優れものなんです。

ストレッチポールが気持ちよすぎて自分で購入したんですが、安いものだと柔らかすぎるものがあるので、購入するなら以下のものがいいと思います。

朝、スッキリ起きる方法としては、上記の様な方法が主流ですね。

ですが、オレンジジュースを飲んだり、蒸しタオルをしたりという方法は、起きてからする方法で、そもそも「朝、起きれないんだよ!」って人には意味がないんですね。

そんな私の様なあなたの為に、最近の情報ではスッと起きれる方法があるというのです。

朝、スッと起きれる目覚めの方法

その方法とは、目覚ましアプリを使用するということ。

ある特殊な機能を持った目覚ましアプリとは、スマホに内蔵されているマイクや加速度センサーのデータから、私たちの眠りの深さを推測するというもの。

睡眠の深さというと、レム睡眠やノンレム睡眠という言葉を思い浮かべる方もいると思いますが、そのどちらでもない目覚めのタイミングがあり、それを目覚めのゴールデンタイムといいます。

目覚めのゴールデンタイムに、目覚ましをセットすることでスッと起きることが出来る確率がアップするといわれています。

ですが、目覚めのゴールデンタイムは、人によりバラバラでランダムに現れるので、そのタイミングで目覚ましを鳴らすのは難しいのです。

それを可能にしたのがスマホのアプリなんですね。

また、アプリを使用することが難しいと思われる方も大丈夫です。簡単な方法があります。それは、目覚ましのセットの仕方なんです。

スポンサーリンク

朝、スッと起きれる目覚ましのセットの方法

  1. 起きたい時刻の20分前に目覚まし時計をセット
  2. アラーム音は、耳をすませば聞こえる程度

ゴールデンタイムなので、アラーム音が小さくてもスッと起きることが出来るのです。

アラームのボリュームが調節できない場合は、スピーカー部分にテープを貼ったり、時計や携帯電話を厚手の布でくるんだりする事で、音量を小さくできます。

ですが、AC電源の目覚まし時計は、布でくるむと故障や万一の発火につながる可能性もあるのでしてはいけません。

複数のアラームが仕掛けられる機能が付いている場合は、起きたい時刻の10分前にも小音量のアラームをもう一つ仕掛けると、スッキリ起きられる確率がアップします。

また、アラームの音に気付かなかった場合に備え、起きたい時刻に予備の目覚まし時計を大音量でセットする事をお忘れなく。

*この方法は、テレビ番組『ガッテン』を参考にしています。

最後に

朝、スッと起きてスッキリ目覚める方法をつかえば、朝の覚醒が違ってくると考えます。

気持ちよく朝を迎え、今日一日を充実させてくださいね。朝が変われば人生が変わると信じています。