スポンサーリンク

大人の手足口病の初期症状とは?自己診断で早期対策!

大人の手足口病の初期症状とは?自己診断で早期対策!

夏の暑い時期になると流行する夏風邪である「ヘルパンギーナ」「プール熱」、そして今回のテーマである「手足口病」

感染者の9割以上が子供と言われていて子供の病気と考えられがちですが、実は大人にも感染してしまうことがあるのです。

子供の手足口病は重傷になるケースが殆どないそうですが、免疫力の弱い乳児などは死亡してしまうケースもあるんです。

thum_1459

https://doctors-me.com/

そんな手足口病が大人に感染した場合、一体どんな症状に見舞われるのでしょう?重傷になる前に自己診断で大人の手足口病を早期発見し、早めの対策をしませんか?

スポンサーリンク

手足口病とは?

主に、コクサッキーウィルスA群10型、16型とエンテロウィルス71型が原因となって起こる伝染性のウイルス性感染症です。病名は手の平、足の裏、口内に水疱が発生することから名付けられています。

このウイルスは湿度や温度が高い場所を好むと言われていて、夏場に流行する病気の一つです。

手足口病 子供と大人の違いとは

一般的に子供の病気と言われていますが、場合によっては大人も手足口病にかかることもあり、厄介なことに、大人の手足口病は子供の手足口病よりも症状が比較にならないほど重くなる傾向にあると言われています。

大人の手足口病の症状

手足口病を引き起こすウイルスには、いくつかの種類があり、ウイルスによって異なる症状が現れますが、症状は子供の手足口病と、ほとんど同じと考えて良いと思われます。問題は症状が重くなる事があるということです。

手・足・口の水疱

水泡のでる部位には、

・手のひら・指
・足の裏・指
・足の付け根
・膝の裏
・お尻
・口周り
・口の中
・喉の奥
・舌の付け根

等に水泡や発疹が出てきます。水疱はやや楕円形を呈し大きさは約2〜3mm程度で口の中や舌の付け根に多数の口内炎ができた場合は、唾を飲み込む事さえも苦痛を感じる場合もあります。

手のひらにできた場合は物を持つことも困難になり、足の裏にできた場合は、歩くことや食べる事も苦痛を伴う事があります。

食欲低下

口の中にできる口内炎により食欲の低下が見られます。お腹が空いているのに食べられないこともあります。

脱水症状

症状が酷い時は喉の口内炎の痛みにより唾を飲み込むことも辛く、水分を取ることもできなくなり脱水症状になることもあり、点滴が必要になる場合があります。

体のだるさ

体がだるくて、鉛のように重く感じたりすることがあります。集中力の低下を引き起こすこともありますので、自分で車を運転して病院に行くことは避けたほうが賢明でしょう。

筋肉痛

風邪で高熱が出た時のように、全身の関節や筋肉に痛みが出る場合があります。

スポンサーリンク

爪が剥がれる

症状が出て1~2月ほど経過すると爪が剥がれるというケースがあるそうです。爪が剥がれると言っても出血を伴うようなものでなく、自然に皮膚から浮き上がって剥がれていくので傷みなどはありません。そして、すぐに新しい爪が生えてきますので心配はいりません。

発熱

大人の手足口病は高熱が出ることもあります。

下痢・嘔吐

手足口病はウイルス性の疾患ですので下痢や嘔吐といった症状が見られる場合があります。

頭痛・悪寒

頭痛や悪寒を伴うこともあり、症状が酷い場合は、髄膜炎や脳炎を合併することがあるので注意が必要です。

髄膜炎・脳炎

発熱や嘔吐・頭痛などがある場合は、希に髄膜炎や脳炎などが生じることがあるので症状が酷い時は早めの受信をオススメ致します。特に、エンテロウイルス71型による手足口病の場合にその頻度が高いと言われています。

大人の手足口病の初期症状とは?自己診断で早めの対策!

まず、手足口病にかかったら以下のような経過を辿り最終的に自然治癒します。

1.手足口病の初期症状は「水疱」です。
2.1~2日後に発熱。
3.3~6日目に手足口病の症状。
4.10日ほどで自然治癒。

初期症状としては、手足口病の特徴である水泡です。特に口の中に出来、痛みを伴います。「発熱」に関しては全ての人に出るものではなく約3人に1人の割合と言われており、発熱したとしても微熱程度で収まる事が多いとされていて、たいてい10日程度で治ります。

ですが、免疫力が低下している時やお年を召した方など、まれに髄膜炎、脳炎などの合併症を起こすこともある為、初期症状を見逃さないことが大切であり、早めの受診をオススメ致します。

迷った時は♯7119

もしも病気などで困ったことがあったなら、♯7119に相談してみることも良いでしょう。こちらでは、救急医療に関する相談に相談員、看護師等が24時間体制で対応してくれます。

・救急車を呼んだ方がいいのか?
・医療機関にかかった方がいいのか?
・近くの救急病院はどこなのか?
・応急処置は?

等、困ったときは利用することも大事です。自宅でできる症状別対処方法はコチラ

最後に

何度もいいますが、大人の手足口病は症状が重く重篤なるケースが多いと言われています。そして感染症ですから、他の人に感染してしまうこともあります。そうならない為にも、早期発見、早期対策を心がけてください。

そして、冒頭でもかじりましたが夏風邪には他にも「ヘルパンギーナ」「プール熱」があります。

症状を比べる為にも「大人のヘルパンギーナ」「大人のプール熱」についても参考にしてみてください。

あなたのライフスタイルが綺麗で健康的なものでありますように。