スポンサーリンク

垂れたバストをどうにかしたい…。胸を元に戻す方法とは…?

垂れたバスト

女性だけではありませんが、人間は年齢を重ねると体のお肉が垂れてきますね。「まだ若いから大丈夫!」なんて安心していませんか?

実は、20代から「バストの垂れ」って始まっていると言われているのです。特にバストは柔らかい為、その変化が表れやすい部位になります。

更に、バストはダイエットの影響も受けやすく大きなバストが萎んでしまうことも珍しくありません。胸が垂れると自分自身に自信が持てなくなり、ふさぎがちになる事もあると思います。

最初に申し上げます。一度垂れてしまった胸を自力で元に戻す事は非常に困難になります。

そして、元に戻ったとしても、再度垂れ下がってしまう事も否定できません。この記事では垂れた胸の為に考えられる最善の策を考えてみました。

何かしら、お力になればと考えております。私、自分自身の為にも。

スポンサーリンク

バスト(胸)が垂れる5つの原因

垂れた胸を効果的に元に戻すには、まず、生活習慣の中で胸が垂れる原因を徹底的に排除しなければなりません。

まずは、胸が垂れる原因を熟知し、そして徹底的に排除しましょう。

1.クーパー靭帯が伸びる

クーパー靭帯とはバストを支える大切な人体になります。クーパー靭帯は伸びたり切れたりすると自然に元には戻らないと言われているのです。

特に運動をしている方は要注意ですね。

例えばジョギングなんかで胸を揺らすとクーパー靭帯が伸びたり、弱くなったりする可能性が高いのです。

運動をする時は、なるべくバストに負担をかけない様にしたりスポーツブラを付けるなどして工夫する事が大切ですし、とっても動きやすいですよ♪

2.急激なバストサイズの変化

女性は、妊娠や出産、授乳により大きく発達した乳腺が、授乳のあとに小さくなり、バストの垂れに繋がると言われています。

更に、過度なダイエットでの急激な体重の増減によるバストサイズの変化もバストが垂れ下がってしまう原因と言われています。

3.ホルモンバランスが崩れる

バストが綺麗に張っているのは「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンの働きによるものと言われていますが、乱れた生活習慣や加齢などによりホルモンのバランスが崩れエストロゲンの分泌が減少しバストが垂れ下がる原因になります。

4.姿勢が悪い

姿勢が悪くなると血流が悪くなります。当然、胸の血流も滞り大胸筋などの大切な胸を支える筋肉が衰えます

更に、血流が悪くなるとバストに栄養も届きにくくなる事で、ハリが無くなりバストが垂れ下がる原因に繋がります。特に猫背の方は注意が必要ですね。

5.合わない下着を付けている

バストサイズに合っていない下着を付ける事もバストが垂れ下がる原因になると言われています。

例えば、胸の谷間を無理に作ろうとして小さめのブラを着用していると、当然血流が悪くなる事が考えられます。

逆にゆるいブラを付けていると、バストは必要以上に揺れて流れ形が崩れていく恐れがあります。

更に、ノーブラですとバストが支えられないので形が崩れる原因にもなりますので、なるべくノーブラは避ける事が賢明です。

そして、夜寝る時も着用する事が大切です。就寝時は、ブラを着用すると苦しくて外す方もおられるようですが、ナイトブラなどを着用すれば気持ちよく、そしてバストの為にもよろしいかと思われます。

スポンサーリンク

バストが垂れない6つの方法

バストが垂れ下がる原因としてクーパー靭帯があります。そしてクーパー靭帯は伸びたり切れたりすると元には戻りません。

ですので、普段からバストが垂れ下がる原因を排除し、更にバストを大きくする事も垂れ下がったバストを戻すと言うよりは、美しく魅力的なバストにする方法と考えますので、それらをご紹介いたします。

1.クーパー靭帯を伸ばさない

普段の生活からクーパー靭帯に負担をかけない様にして下さい。先ほどと重複しますが、運動時はスポーツブラを、就寝時にはナイトブラの活用が望ましいでしょう。

2.正しい下着を着用する

E1426671185161_1

バストに悩む方なら当然ご存知かもしれませんが、ブラはキツクてもゆるくても垂れ下がる原因となりますので、ちゃんとサイズを測りご自身に合ったものを選ぶようにして下さい。

3.姿勢を正す

猫背は背中を丸め血流も悪くなりますので、胸を張り姿勢を正す事を意識しましょう。

4.血流の改善

当サイトは、血行不良は万病の元と考えております。血行不良はバストだけじゃなく体の様々なところで病気などの原因となると言えると思います。

例えば、お風呂では湯船にしっかりとつかって温まり血流を改善し体の疲れを取りましょう。他にも血流の改善方法は沢山あるのですが、ココでは省略しますね。

5.大胸筋を鍛える

バストアップエクササイズ

バストを支える大胸筋を鍛えればバストの垂れ下がりを予防する効果が期待できます。ですが、運動ってあんまり続かないんですよね。

ですが、大丈夫!(と思います)簡単にできるエクササイズもありますので、コチラでご紹介いたします。

6.バストを大きくする

リンパ

バストが垂れ下がると言う事は、バストの張りが無くなると考える事が出来ると思うのです。そして、バストに張りを与える方法の一つにサプリメントに頼るものがあります。

そして、バストに張りを与えると言う事は、つまりはバストを大きくすると言う事に繋がるのですが、バストを大きくするサプリメントって結構怪しいんですよね。

多くのバストアップサプリメントの口コミを見ていると「ホントかよ!」って思うくらいの口コミが多数あるのですが、そうは簡単にならないと言うのが私の本音なんです。

飲むだけでバストが大きくなるなんて…。そんな事が出来るなら苦労はしませんよね。ですが、そんな怪しいバストアップサプリメントの中でも気になるものがあるんです。

それが、「ミラクルブレスト」。特に多い口コミが「バストに張りが出た」と言うもの。もちろん全ての人に効果がある訳ではないと感じますが、やたらと口コミがリアルなんです。

数あるバストアップサプリメントの中でも、ミラクルブレストをご紹介した理由がコチラにあります。時間があれば「徹底的に疑いながら」覗いてみてください。何かのヒントになるかもしれません。

最後に

本当に、垂れた胸を張りのある美しいバストにするには、おそらく手術しかないと思われます。残念ながら。

ですが、今回ご紹介させて頂いた方法は、今後の予防方法に効果的であり、最後にご紹介させていただいたサプリメントは、効果の差は在れど、何らかの効果をもたらす事が出来ると考えております。

たとえ手術をしたとしても、垂れ下がるバストの原因を排除し正しいケアをしなければ、再びバストは垂れ下がる事になるかもしれません。

どちらにせよ、綺麗なバストを手に入れる為には、何かしら努力が必要と言う事なんですね。

あなたのライフスタイルが綺麗で健康的なものでありますように。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ