スポンサーリンク

ノロウイルスの予防方法には落とし穴が?案外トイレが盲点って話。

67d9b879ced6f5c74e6f9d512ae03c5e_s (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1) (1)

毎年、寒い季節になるとノロウイルスの活動が活発になり、あちらこちらでノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒のニュースが流れ始めます。

ノロウイルスの感染を予防するためにマスクの着用や手洗いうがいの励行を行われている方も多いと思いますが、実は多くの方のトイレの使用方法にちょっとした落とし穴があったんです。

そのちょっとした落とし穴を塞ぐことで、より安全にノロウイルスからご家族を守ることができるかもしれません。その落とし穴をどうしても皆さんに塞いで欲しいのです。

スポンサーリンク

ノロウイルスの予防方法

まずは、ノロウイルスの一般的な予防方法をご紹介いたします。

・マスクをする。
・嘔吐物、排泄物の処理を適切にする。
・手洗いうがいの励行そして消毒。
・タオルなど共用しない。
・免疫力を上げる。

等が挙げられます。この中で注意したいのが感染者の「排泄物」の処理。感染者の排泄物の中には沢山のノロウイルスが存在しているので2次感染の恐れがあります。

ノロウイルスの感染者の排泄物の処理は皆さん適切に処理なさっていると思われますが、問題は「トイレ」なんです。

どうして?案外トイレが盲点って話。

実は食中毒にかかった患者がトイレを使用した後にトイレを使用した方が2次感染していると言われているのです。

その原因の一つは、男性の「小便」にあります。多くの男性はオシッコをする際に立って用を足しますね。皆さん聞いたことがあるかもしれませんが、その時に「尿ハネ」といって、オシッコの水滴がトイレの床や壁に飛び散ってしまうのです。

床や壁に飛び散った尿はあまり目に見えませんよね。何気ない瞬間に、「衣服が壁に擦れてウイルスが付着し、トイレの外にあなたが持ち出してしまい家の中に広がる」という事は十分に考えられるのです。

立ったまま用を足すという行為は、どんなに気を付けていても、尿が跳ねて壁や床に飛び散ってしまいます。その量は一回用を足すたびに約150~約7500滴になると言われています。

思っている以上に尿は飛び散っているんですね。当然、ご自身の衣服にも付着することが想像できます。

そんな尿ハネを防ぐには、男性が用を足たす時に座ってする事がとても効果的なんです。そうする事で、壁や床に飛び散る尿ハネが、ほとんど無くなりトイレが清潔になります。

ですが、座って用を足したとして便座の裏にはやはり尿が飛び散ってしまうので、コマメな清掃が必要になりますがトイレットペーパーを敷いて用を足すとかなり尿ハネが抑えられるので試してみてください。

多くの男性は座って用を足すという行為に、とても抵抗があるようなのですが、ご家族の健康を守れることができるなら、一度試してみてはどうでしょうか?

ですが・・・・、安心するのはまだ早いのです。

スポンサーリンク

トイレのフタが案外大活躍って話。

二つ目の原因はトイレの「フタ」にあります。皆さんはトイレのフタを閉めていますか?フタを閉めないというご家庭も多くあると思いますが、トイレのフタは防臭効果やその他にも意外な効果があるのです。

ポイントは用を足した後、「トイレのフタを閉めてから水を流す」という事。実は、水を流してからフタをすると細かな水滴が散らばり、しばらくの間、空気中を浮遊していると言われています。

もしも、トイレのフタを閉めずに水を流すとなければ、その量が倍増することは簡単に想像できますね。

もちろん空気中を浮遊している水滴の中にはウイルスが存在しています。そして、飛び散った水滴は約90分間も空気中を漂っているとも言われています。当然、呼吸をすれば体内に入り込んでしまいます。

これでは感染者がトイレを使用した後にトイレを使用すると2次感心してしまう理由も頷けますね。特にノロウイルスは感染力の強いウイルスです。感染するには十分かもしれません。

風水的にもトイレのフタは閉めるべき

風水的にもトイレのフタは閉めるべきとあります。それには以下のような理由があるからです。

・汚水が蒸発してしまう場所
・水が常に溜まる場所
・フタ無し便器に財運なし

では、具体的に見てみましょう。

汚水が蒸発してしまう場所

水は時間が経てば蒸発します。それはトイレの中に充満するのです。トイレに窓があったとしても便器の水が蒸発したものがトイレの中にあるだけで呼吸をすれば口の中に入ってしまうのです。

水の蒸発はフタを閉めている事でかなり抑えられると考えます。

水が常に溜まる場所

トイレは水が常に溜まる場所であり、その水は、やがてよどみ、風水的にも住民に悪影響を及ぼすと言われています。

その「よどみ」と私たちの生活を遮断するのはトイレのフタなんですね。

フタ無し便器に財運なし

以前に世界中の大金持ちの家を調査したら、唯一の共通点が「トイレのフタが閉まっていた」という報告があるようなのです。

トイレのフタが閉まっていただけで金持ちになれるわけではありませんが、お金持ちの第一歩になるかもしれませんね。

最後に

普段の予防方法の他に「座って用を足す」「水はフタを閉めてから流す」という事でノロウイルスから身を守る事ができるということをご理解いただけたでしょうか?

そして、風水的にも健康と財運に関係があるとしたらトイレのフタは閉めるしかありませんね。

「ノロウイルスに子供が感染?その症状と対処方法とは?早期発見できないの?」も参考にして下さい。

あなたのライフスタイルと”トイレ”が綺麗で健康的なものでありますように。

 にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ