巻き爪の治し方と原因。巻き爪ロボと巻き爪ブロックの効果と口コミ

スポンサーリンク

巻き爪原因治療方法

巻き爪の原因は様々です。そして大半は辛い痛みが伴います。酷くなると激しい痛みで歩くことも困難になります。

巻き爪にはどんな治療方法があるのか?そして、どんな原因があるのか?更に、今話題の巻き爪の便利グッズの効果を調べてみました。

スポンサーリンク

巻き爪とは、簡単に。

巻き爪とは爪の端が内側に湾曲し指の肉に食い込む爪を言います。その結果激しい痛みに悩まされます。

酷くなると爪が食い込んだ傷口が化膿し腫れ上がり、更に爪が食い込むといった悪循環に陥いります。

日常生活においても、痛み靴が履けないや、歩行が困難になることもある厄介な症状です。

見るからに爪が肉に食い込んでいる方で痛そうに見えても、本人には痛みを感じない方もおられるようですが、痛み出す前に何かしら対処したほうが賢明でしょう。

心当たりありませんか?巻き爪の7つの原因

巻き爪を治すには、まず原因を探らなけれればなりません。たとえ一時的に改善したとしても原因を突き止め注意しないことには再発することは十分に考えられます。

原因①靴による圧迫

巻き爪は男性より女性が多いと言われています。それはハイヒールやパンプスといった先の尖った靴を履くためです。

ハイヒールやパンプスはツマ先にかかる負担が大きく足の爪が湾曲しやすいのです。更に立ち仕事になるとよりツマ先に負荷がかかり巻き爪になりやすくなります。

原因②爪の切り方

実は、巻き爪になりやすい爪の切り方ってあるんです。それは「深爪」。深く爪を切ることにより、皮膚の部分が増えてしまいます。

そして、皮膚の部分が盛り上がり爪の成長を妨げるのです。ですが爪は成長しようとします。伸びよとする爪は皮膚に成長を妨げられ変形してしまうと言われています。それが巻き爪になると言われています。

スポンサーリンク

原因③スポーツ

ツマ先に負荷がかかるのはハイヒールやパンプスだけではありません。ダンスやバレボール、バスケットやジョギングでさえツマ先に負荷がかかってしまいます。

特に瞬発力が要求されるスポーツは巻き爪になる可能性が高くなります。

原因④運動不足

逆に運動不足による巻き爪もあるのです。爪は放っておくと内側に丸くなる性質があるといいます。

歩かないことにより下からの圧迫が無くなり巻き爪になりやすいと言われています。

原因⑤加齢

年齢を重ねると爪に厚みが増してきます。その結果、爪の水分が減り硬くなって縮んでしまうと言われています。

その為に爪の下の柔らかい部分を巻き込んでしまそうです。

原因⑥肥満

スポーツ同様、体重が増えることにより足先に負荷がかかりやすくなり巻き爪になりやすくなります。

原因⑦爪水虫

爪白癬(つめはくせん)と呼ばれる爪の水虫は爪を蝕みます。その結果、爪が変形してしまい、巻き爪が引き起こされると言われています。

これにはまず、水虫の治療も必要と思われます。

次のページでは、巻き爪の治し方をご紹介いたします。