ココナッツオイルでご飯のカロリーが半分(50~60%)になる魔法のレシピが衝撃的

スポンサーリンク

今、何かと話題の「ココナッツオイル。ダイエットにも最適で愛用している方も多いのではないでしょうか?そんなダイエットをしている方に朗報なんです!

それはココナッツオイルを使ってご飯のカロリーを半分に抑える調理法がアメリカで行われた学会でスリランカの方が発表したと言うもの。

8775c8007b4a84ec96692d7de87b5f6a_s

その方法は、お米にこんにゃくやしらたきを入れてごまかすような方法じゃありません。お米を炊くときにちょっとした“魔法”で、いつもの量でカロリーが半分に抑えることができるという凄いもの。これって炭水化物を抜いたダイエットをしている人には嬉しすぎる情報です。

それっていったいどんな魔法なのか?どうしてご飯のカロリーが半分になるのか?そのご飯は美味しくいただけるのか?などについて探ってみました。ダイエットをしている方必見です!

スポンサーリンク

念のため知ってほしいココナッツオイルとは

では、そもそもココナッツオイルとは?なんですが、ココナッツの種子内部の胚乳から抽出されるヤシ油(やしゆ)のことでなんですね。そしてココナッツオイルには大きく分けて「ココナッツオイル」と「ヴァージンココナッツオイル」の2種類があります。

ココナッツオイルとヴァージンココナッツオイルの違い

ココナッツオイルは温精製、漂白工程、脱臭工程等の生成過程において大切な良い成分が壊されてしまいます。それに対してヴァージンココナッツオイルは無精製、無添加、非加熱抽出をしているので体にとても良い成分が壊されず残っているんですね。

つまり私たちの体に良いココナッツオイルはヴァージンココナッツオイルであり、以下のご説明はココナッツオイル=ヴァージンココナッツオイルとしてご説明致します。

また、ココナッツオイルには「エクストラヴァージンココナッツオイル」というものがありヴァージンココナッツオイルよりもグレードが高い物とされていますが、これは日本の表記規制の問題であり、エキストラかどうかは問題ではありません。

ココナッツオイルを選ぶときは、ヴァージンココナッツオイルを選べば問題ありません。

ココナッツオイルを使ってご飯のカロリーを半分にする魔法のレシピ

魔法のレシピと言いましたが「カップ半分のお米に対して小さじ一杯分のココナッツオイルを加えて炊くだけ」という至ってシンプルなもの。

ですが、冒頭でも述べましたがこの調理方法はスリランカの方が考案されたものでこの調理法は鍋でお米を炊くというもの。諸外国には炊飯器をあまり使用していないので鍋でご飯を炊くと言うのが一般的です。そこで炊飯器で炊く方法と鍋で炊く方法、2つご紹介致します。

用意するもの

・お米
・水
・ココナッツオイル
・タッパー

炊飯器で炊く調理方法

1.いつものようにお米を洗って汚れを落とします。
2.炊飯器に水を張りココナッツオイルを溶きます。
3.お米を入れて炊きます。
4.炊き上がったご飯をタッパーにいれて冷蔵庫で約12時間程冷して完成。

要はココナッツオイルを入れて炊くだけなんですね。

鍋で炊く調理方法

1.いつものようにお米を洗って汚れを落とします。
2.炊飯用のお水を沸騰させココナッツオイルを入れて溶きます。
3.お米を入れて炊きます。(強火の場合、約20分、弱火場合、約40分)
4.炊き上がったご飯をタッパーにいれて冷蔵庫で約12時間程冷して完成。

なんかパスタを茹でるようなご飯の炊き方ですよね。水を張って普通に炊いても良さそうなのですが、これがスリランカ流のようです。

参考
お米1合は約150グラムなので、1合の場合は約4.5グラムのココナッツオイルを加えてください。

炊飯器で炊いても鍋で炊いても味に大差はありませんが、やはりココナッツの甘い香りは残ります。いつも安いお米を食している私の判断で「高いお米を食べた時に感じる匂いに似ている」と思い込もうとしました。だって、ご飯が甘いココナッツの香りなんですから。

ですが、タッパーにいれて12時間冷凍し、解凍してみればココナッツの香りはそんなに感じません。味も問題なく、流石に炊きたてのご飯の味とは言えませんが十分美味しくいただけます。

コレでご飯のカロリーが半分になるなら全然大丈夫ではないでしょうか?(理由は分かりませんがご飯は温め直して食べることを推奨されています。)

それでも気になる人はカレーをかけてみてください。匂いは気にならなくなると思います。それどころか風味豊かなカレーに感じられます。

現在は、まだ挑戦していませんが、このココナッツご飯にしらたきやこんにゃくを入れて見れば一体カロリーはどれくらい抑えられるのか?この先チャレンジしてみるのも良いかもしれません。

どうして?ご飯のカロリーが半分(50~60%)になるの?

これが不思議ですよね。消えたカロリーはどこに行ってしまったのか?謎は深まるばかりですが、そこにはちゃんと理由があります。

通常、炭水化物は胃で消化され小腸でブドウ糖やその他の糖質に分解されて体に吸収されます。ですが、ココナッツオイルで炊いたご飯は小腸で分解されにくいご飯になるんです。

そのワケは、お米に含まれている「デンプン」にあります。デンプンには「消化性デンプン」と「難消化性デンプン」と呼ばれるものがあり、ココナッツオイルは調理中にお米のデンプンの構築の中に入り込み、消化性デンプンを難消化性デンプンに変えてしまうのです。その為、消化されにくいご飯が出来上がると言うのです。

この発想なら他のオイルでも出来そうなんですが、ココナッツオイルは健康面からでもとても優れたオイルなので、スリランカの方のおっしゃるとおりココナッツオイルを使うがベストと考えます。

ちなみに研究チームのコメントでは、炊き終えてから24時間が経過したご飯は、食べない方が良いとされていますが冷凍庫で保存するなら問題ないということです。たくさん炊いて冷凍しておけば好きな時に解凍して食べれるのも嬉しいですね。

気になるココナッツオイルの効果効能と副作用は、
「ココナッツオイル17の効果効能と副作用とアレルギー。ケトン体と中鎖脂肪酸が鍵。」
をご覧下さい。

まとめ

最近では、お米の消費量が年々少なくなっていると言いますが、私たち日本人はまだまだお米大好きで、ほとんどの方は最低でも一日一食はご飯だと思うのです。

そのご飯のカロリーが半分になるという今回のココナッツご飯は、ダイエッターたちにとって衝撃的な情報です。仮に、一日三食ご飯だとしら年間にカットできるカロリーってもの凄いと思いませんか?今年の夏はキレイに痩せて楽しみたいですね。

ココナッツオイルにはご飯以外にも沢山の使い方があります。詳しくは「ココナッツオイルの14の使い方!コーヒーは当たり前?万能過ぎて怖いって話。」でご紹介しております。

あなたのライフスタイルが綺麗で健康的なものでありますように。

  にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

コメント

  1. ウサビッチ より:

    はじめまして

    冷や飯で難消化性デンプンがどれほど増えるのか?といった実験で
    ジャポニカ米では、殆ど増えないと言った結果が出ているとの事です

    ココナッツオイルご飯も、それほど期待できないのでは無いでしょうか?
    冷やして難消化性デンプンを増やし、温め直しても
    ココナッツオイルの効果で、難消化性デンプンのままとする
    からくりだったかと思います

    日本米でも50%もカロリーを抑えることができるのでしょうか?

    • beauty-and-healthy-life より:

      ウサビッチさん!
      はじめまして!
      beauty-and-healthy-life.comのBHLです。
      貴重なコメントどうもありがとうございます。

      私は研究者ではありませんので、
      あまり詳しいことは分からないのですが、

      ココナッツご飯は、
      冷やして難消化性デンプンを増やすのではなく
      ココナッツオイルと一緒にお米を炊くことで
      デンプンの性質を変えると言われていますので、
      温め直しても消化されにくい状態が続くと言われています。

      >日本米でも50%もカロリーを抑えることができるのでしょうか?

      とのご質問ですが、あくまでもこのような実験結果があると、
      ご認識してください。

      そして、私がいろいろな口コミを見て感じたことは
      劇的にではありませんが体重が落ちている方が多いと感じました。
      つまり、日本米でも効果はあると思われます。

      はっきりと申し上げることが出来なくて残念ですが、
      また当サイトにお越ししていただけると嬉しく思います。

  2. […] ただけるのか?などについて探ってみました。ダイエットをしている方必見です! ココナッツオイルでご飯のカロリーが半分(50~60%)になる魔法のレシピが衝撃的 | Beauty&Healthy-Life […]

  3. […] ココナッツオイルでご飯のカロリーを半分にする詳しい方法はこちら […]