スポンサーリンク

グルコバイの危険な効果と副作用と口コミ☆痩せない低インシュリンダイエット?

グルコバイの危険な効果と副作用と口コミ☆痩せない低インシュリンダイエット?

糖尿病には、「食事療法」「運動療法」「薬物療法」があり、これらを複合して治療をされている方も多いと感じます。

グルコバイ(Glucobay)50mgは薬物療法の一つに使用される薬で、糖質の消化や吸収を遅らせる事により食後の急激な血糖値の上昇を抑える効果が期待できるされており、日本国内で承認されているグルコバイ錠と同一有効成分・アカルボースを含有しています。

そんなグルコバイを使用してダイエットを目論んでおられる方もいるようですが…今回はそんなグルコバイに注目してみました。

スポンサーリンク

簡単にですが、糖尿病とは

私達は、食事により糖質を摂取しますが、糖質は消化されブドウ糖になり血液により全身の細胞に運ばれエネルギー源として使用され、「インスリン」と呼ばれる膵臓から出る体内ホルモン等により血液中のブドウ糖である血糖値をある程度の範囲に調整されていると言います。

糖尿病は、このインスリンの分泌や作用が十分でない為に起こる病気です。そのまま何も対策を講じないと手足の神経障害や網膜症、腎臓病などといった様々な合併症を引き起こします。そして、糖尿病には以下の4つのタイプがあるとされています。

・Ⅰ型糖尿病
・Ⅱ型糖尿病
・特定の原因によるその他の糖尿病
・妊娠糖尿病

そして、今回ご紹介するグルコバイ(Glucobay)50mgは、Ⅱ型の糖尿病の食後の血糖値を改善する効果が期待できる薬になります。

Ⅱ型糖尿病とは

食べ過ぎや運動不足、ストレスなどの生活習慣の乱れからくる肥満によって、インスリンの働きが悪くなり発症される症状であり血糖の代謝異常を引き起こすとされています。

基本的には食事療法や運動療法などでの改善を前提としますが、症状の改善が思わしくない場合薬物による治療を行うと言われています。

そして、グルコバイ(Glucobay)50mgの登場になります。

グルコバイとは


糖尿病の薬には大きく分けて2つのタイプがあるとされています。一つは「インスリンの分泌を促すタイプ」ものと「血糖値の上昇を防ぐタイプ」のものになり、グルコバイ(Glucobay)50mgは、後者の血糖値の上昇を防ぐタイプの薬で、有効成分を「アカルボース」とします。

糖尿病の治療には前者のインスリンの分泌を促進したり調節する作用の薬とくらべ、グルコバイは副作用も少なく注射をする必要もないでので安全とも言われています。

アカルボースとは

体内の小腸粘膜に存在する「α-グルコシダーゼ」と呼ばれる糖質を分解する作用がある消化酵素の働きを阻害する事で、糖質の消化や吸収を穏やかにし、食後の血糖値の上昇を抑える効果が期待できるとされています。

腸からの炭水化物(糖分)の消化吸収をゆっくりと遅らせることによって、インスリン分泌の節約にもなり、すい臓に負担をかけることが少なくなります。

また、日頃の血糖値を適切に保つことは、将来起こるかもしれない様々な合併症の予防にも繋がると言われています。

αアミラーゼ阻害

グルコバイ(Glucobay)50mgには穀物やイモ類に多く含まれている澱粉を分解する為に必要である膵液および唾液の「αアミラーゼ」と呼ばれる消化酵素を阻害する効果もあると言われています。

HbA1c改善

「HbA1c」って聞きなれない言葉ですが、糖尿病を語るうえで深い関係があります。HbA1cは「ヘモグロビンエーワンシー」と読み、血液中の赤血球に含まれる「ヘモグロビン」と「ブドウ糖」が結合(糖化)した物質の事になります。

ヘモグロビンは血糖値が高い状態が続くとHbA1cに変化するのですが、HbA1cの状態を知る事で、過去1~2か月前から現在の平均血糖値を知ることができると言われています。

グルコバイ(Glucobay)50mgは、そんなHbA1cをも改善する効果が期待できるとされています。

グルコバイの効果

規定では以下のようになっております。

・糖尿病の食後過血糖の改善

「ただし、食事療法・運動療法によっても十分な血糖コントロールが得られない場合、又は食事療法・運動療法に加えて経口血糖降下薬若しくはインスリン製剤を使用している患者で十分な血糖コントロールが得られない場合に限る」

となっております。

グルコバイの飲み方

規定では以下のようになっております。

アカルボース100mgの場合

・通常1回100mg(1錠)を1日3回、食直前に経口投与
・1回50mg(0.5錠)より投与を開始し、忍容性を確認したうえ1回100mg(1錠)へ増量することもできる。
・年齢、症状に応じ適宜増減する。

となっております。飲み忘れた場合は、食事中に飲むようにすると良いようです。食後時間が開いては意味がなくなるのでてゅういが必要です。

また、グルコバイは「グルコバイ(Glucobay)50mg」と「グルコバイ(Glucobay)100mg」があります。50mgの場合も摂取量は同じですので、その際は、倍の量が規定量になります。

じゃあ100mgだけでいいじゃーんと思われるのですが、ダイエット目的で使用さる方によると50mgのグルコバイなら、摂取する炭水化物の量によって、飲む量も調整しやすいようなのです。

グルコバイでダイエット?

本来、グルコバイは糖尿病の薬として知られていますが、グルコバイ(Glucobay)50mgを使用してダイエットをしている方も多い様なんです。

グルコバイの作用を考えると血糖値の急上昇を抑える効果があるとされていますが、急激な上昇を抑える事は出来ても最終的には吸収されてしまいます。これでは、ダイエットにはならないのでは?と感じます。

ですが、グルコバイ(Glucobay)50mgを使用する事でインシュリンの分泌を抑える事が出来る為、グルコバイによる低インシュリンダイエットなる方法がある様なんです。

低インシュリンダイエットとは

インシュリンの分泌を低く抑える食品を摂取する事で、血糖値を低く保ち、糖が脂肪として蓄積されるのを防ぎ脂肪の燃焼を促進するダイエットになります。

インシュリンには2つの作用があります。

・血糖中の等を消費を促す作用
・糖を脂肪細胞に運び蓄積させる作用

注目すべきは、「糖を脂肪細胞まで運搬し蓄積させる作用」です。インシュリンを低く抑える事で糖が脂肪細胞へ運搬されにくくなり太りにくくなると言われています。

低インシュリンダイエットの方法

方法はいたって簡単で、インシュリンの分泌がゆるやかな食べ物を摂取する事。また、インシュリンの分泌が活発になるような食品を控える事になります。

そのうえで必要な知識がGI値と呼ばれる「血糖値が上昇しやす値」を知らなければなりません。以下GI値が高い食品をご紹介いたします。

穀物・パン・粉類

・食パン(95)
・フランスパン(95)
・精白米(88)
・うどん(85)
・もち(85)

野菜・いも類・くだもの

・じゃがいも(90)
・いちごジャム(82)
・にんじん(80)

肉類・魚介類・豆類

・こしあん(80)
・つぶあん(78)
・ちくわ(55)
・ハム(47)
・豚肉(46)

参考:http://www.geocities.jp/ho_ney8_2/gi_list.html

POINT

・硬いものを選んで食べるようにする
・食事を1日3食、きちんととる

となっております。ですので低インシュリンダイエットの方法は難しいものではないのですが、面倒くさいのです。

GI値を覚えるなんて…、で、グルコバイ(Glucobay)50mgに頼ってしまうんですね。

そして、当サイトと致しましては薬を服用してまで低インシュリンダイエットをする必要はないと考えます。

GI値が高い食品をちょっとだけ意識して、ダイエットはあくまでもバランスのとれた食事と適度な運動が大切と思うのです。

グルコバイの副作用

残念ながらグルコバイ(Glucobay)50mgには副作用があり以下になりなす。

消化器症状

・腹が張る
・ガスがたまっておならが出る
・おならが増える
・下痢
・便秘
・腹痛

肝機能異常

・吐き気
・嘔吐
・皮膚が黄色くなる
・白目が黄色くなる
・尿が黄色い
・かゆみ
・身体がだるい
・食欲不振

等の副作用があります。ですが、副作用と思われる症状が起こってもそのまま継続して使用すると症状が軽減されると言われています。

それは、グルコバイ(Glucobay)50mgは使用初期では腸の中に残った消化物に含まれた糖分が発酵されてガスがたまる為、お腹の調子が悪くなることがあり、使用していく事で症状が軽減されていくという訳です。あまり神経質になる必要は無いようです。

ですが、症状が酷かったり何か異常を感じたら使用を中止して医師による診断を受ける事が賢明です。

また、使用にあたっては他にも注意事項がありますのでよく読んで使用してください。

グルコバイ(Glucobay)50mgとは、こういった糖尿病の薬になるのですが、イザ使用するとなると不安の種が消えませんので、実際にグルコバイを使用されている方々の不満の声やマイナス点をご紹介いたします。

やっぱり効果なし?グルコバイのマイナス点

・パッケージにより、効くときと効かないときがあるように感じる
・おならが出る
・ダイエット目的で購入するも体重が減るということはない
・ダイエットでは全く効き目がわからない

・常時お腹が少し張っているような感じがある
・配送に時間がかかる
・グルグルポコポコと鳴って痛い
・胃が張るような感じが続く
・やはり「オナラ」が半端ない

等の不満の声が見受けられます。やっぱり多いのが「ダイエット目的」での使用ですね。そして効果を感じないと言う声。

個人的な考えですがグルコバイはあくまで血糖値の上昇を緩やかにする事が目的の薬と考えます。その際、ダイエットにも繋がるという事なんですが、やっぱり単体でダイエット効果は難しいと思われます。

そして「オナラ」です。外出時は注意が必要とおっしゃっておられる方もいますので、その辺は気を付けたいですが、オナラは効いている証拠とも言われています。

そして、オナラを覚悟してまで使用されている方々にはこんな嬉しい効果があるようです。

グルコバイの口コミ星4.5☆

では、実際にグルコバイ(Glucobay)50mgを使用されている方々の喜びの声を聞いてください!

・すばらしい効果を実感
・血糖値の数値が良くなった
・血糖値に関する不安が減り 食事を楽しむことができている
・服用しないで食事をとると高血糖になり疲れと眠気がでる
・微妙に違うパッケージが少し不安
・眠くなる
・効果がきちんと確認できる
・糖尿病予防に使用食べても体重はかわらず
・血糖値の上昇の抑制に効果あり
・食前に100mg1錠を飲んでるが食後血糖値も上がらず効いている

ダイエット目的で使用されている方は…、

・食事の炭水化物摂取量に応じて飲み効果を感じる
・糖の吸収が穏やかなのであまりお腹がすかない
・体重変化の少ない状態を保つのにはかかせない
・炭水化物を多く取るときに必ず服用で効果を感じる
・たくさんご飯やパスタを食べているのに増えていない
・低GIの食品にこだわらずに食べられる
・もう手放せません
・満腹感を感じるのが早い
・美容クリニックよりも安く購入できて助かる

等の声が見受けられます。全体的な印象としては、多くの方々が食後の血糖値を測定し効果を目に見て感じているという意見が多いように感じました。

そして、ダイエット関係ではグルコバイ(Glucobay)50mgだけでなく、他のダイエットサプリメントなどを使用されて効果を実感されている方が多いように感じます。

グルコバイを飲む事で血糖値の上昇は抑えられるかもしれませんが、ダイエットとなると飲むだけでは痩せないかも知れません。

やっぱり、適度な運動、バランスのとれた食事が基本です。

グルコバイの問題点

それは、どこで購入するか?になります。残念ながら、グルコバイ(Glucobay)50mgは楽天やAmazonなどでは購入できないようです。

通常は医師による診断を受け処方されます。それ以外では個人輸入代理店を利用する事が一般的なようです。

個人輸入と聞くと、「何だか敷居が高い…」ように感じますが心配には及びません。楽天やアマゾンとほとんど変わりありません。

違うのは、自らの責任で自ら使用する事が条件になり、転売目的で購入してはならないと言う事になります。

そして、家族や仲間うちでは許容範囲と言われていますが、仮に、万が一に使用上の問題が発生したときは、販売店や国の保証は無いのです。つまり自己責任になります。

更に、デリケートなモノなので絶対の絶対に信用できるサイト以外の購入はお勧めしません。というか、「してはいけない」と言いたいです。

例えばEDの治療薬として有名なバイアグラなどは偽薬が横行していると言いますし、特に性の悩みに関するものは偽物が多いようで死人も出ているようので注意が必要です。

(言い換えれば、信用できるのなら何処で購入しても良いと思います。)

だからこそ、絶対的に信用できる個人輸入代理店を選ぶことが肝心であり、それが「オオサカ堂」と感じます。

オオサカ堂をお勧めできる5つの理由

理由1「丁寧」

迅速丁寧で、分からないことも親切に対応してくれます。

理由2「安い」

業界でも最安値ではないか?と思われます。そして全国送料無料で、メーカー正規品保証になります。これって本当にありがたい事です。

当サイト管理人以外にもオオサカ堂に感謝されている方は沢山いますし、口コミを見ればわかります、

理由3「安心できる」

私や家族がいつも利用していて安心できるからです。数年前から利用していますが、一度としてトラブルがありません。

また、グルコバイ(Glucobay)50mgだけではありませんが商品名は記載なしで中身が分からない様に届けてくれるのも助かります。

クレジットカードを利用した場合の利用明細も商品名およびサイト名の記載はありません。

理由4「対応が早い」

分からない事があればメールで尋ねるとすぐに返事をくれるのも(1日ぐらい)嬉しいですね。

グルコバイ(Glucobay)50mgにおいても、例えば関税や税関など不安な事があれば聞いてみると良いでしょう。丁寧な返信がいただけます。

ただし、オオサカ堂はメーカーではありませんのでメーカーにしか分からないような事は流石のオオサカ堂でも分からないのです。

理由5「信用できる」

口コミが信用できると思います。もちろん、私も最初は半信半疑でしたが、オオサカ堂を利用してみて口コミが大げさでない事が分かったからです。

私や家族の経験から悪い口コミも「なるほど」と思えますし、良い口コミも大げさではないことが購入して使用してみて実感出来ています。

この胡散臭いって思うほどの効果の真相は以下にて確認できます!あなたの世界で一番厳しい疑いの目で、実際に使用されている方々の生の口コミを是非ご覧ください!

オオサカ堂とグルコバイのリアルな口コミは↓↓↓

更に100mgはコチラです。

最後に

厚生労働省では、3年ごとに「糖尿病の患者調査」実施しており、平成26年調査によると、糖尿病の総患者数(継続的な治療を受けていると推測される患者数)は、 316万6,000人と言われており前回の調査よりも46万人以上増加したと言われています。

現在、糖尿病になっていなくても血糖値が高めの人は注意した方が良いかもです。気になる人はグルコバイ(Glucobay)50mgありかもです。

皆さんのライフスタイルが綺麗で健康でありますように BHL.