スポンサーリンク

ガッテン流!尿酸値は牛乳で下がる?痛風さようなら~

ガッテン!尿酸値を牛乳で下げる方法!痛風にも効果あるのか?

ガッテン尿酸牛乳効果

NHKの番組「ガッテン!」にて2017年1月4日に特集された「牛乳」。カルシウムを多く含む健康食品として知られている牛乳ですが、痛風の原因となる尿酸値を下げるとして新たに注目を集めています。しかも、痛風は男女比がはっきりと分かれている珍しい病気です。

1992年の東京女子医大の調査によると、男性患者が98.5%とまさに圧倒的でした。今回は、男性の方が痛風を発症しやすい理由と痛風の原因である尿酸について、そして尿酸値を下げる牛乳を美味しく料理する方法についてご紹介していきます!

スポンサーリンク

痛風の原因?尿酸とは

尿酸には強力な抗酸化作用があります。つまり他の動物と比べて人間の平均寿命が長いのは、尿酸のおかげとも言えるのです。

このように私たちを長生きさせてくれている尿酸ですが、どれだけ増えても良いわけではありません。覚えておきたいのは7.0mg/dL(ミリグラム・パー・デシリットル)を超えた状態が続いたときには尿酸が痛風を引き起こす可能性が高いということです。

体内の中で増えすぎた尿酸は、関節の中で固まってしまいます。そして刺激を受けて散らばったときに、免疫細胞が攻撃を始めて強烈な痛みと炎症に襲われてしまう。これが痛風です。

男性の方が痛風発症率が高い理由

男女ともに痛風を発症する尿酸の数値は7.0mg/dLですが、女性より男性の方が発症しやすい理由のひとつに、女性ホルモンのはたらきがあります。

女性ホルモンには、腎臓のはたらきを助け尿酸を排出させる効果があるため、女性は男性よりも血中尿酸濃度が低いのです。

ただし、閉経により女性ホルモンが減少すると女性と男性の痛風発症率は同じになります。また、痛風の発症しやすさは遺伝や体質による影響もあるため、女性の発症がゼロというわけではありません。

また個人差はありますが、男性の方がアルコールやレバーなど、プリン体を多く含む食品を好む人が多いことや、一度の食事量の多さも発症率の高さの原因のひとつと言えます。

尿酸値が上がる原因

男性の方が痛風になりやすいと言っても「まだ若いから尿酸値の心配はいらない」「痩せているから大丈夫」といった思い込みはありませんか?

現に痩せ型の20代、適度に運動をしている男性であっても尿酸値が高い場合があります。つまり若さや運動量、体型だけで必ずしも尿酸値の高さを判断することはできないということです。

そもそも、尿酸値が上がる原因は、尿酸が適切に排泄できていないため。尿酸の排出能力には、個人差が大きいもの。つまり、不要な尿酸をできる限りスムーズに排泄することが痛風予防の近道というわけです。

食品に含まれるプリン体だけが原因ではない?

プリン体とは、細胞の核となっているものです。つまり、ほとんど全ての食品に含まれているだけでなく、私たちの体内にも一定量存在しています。

プリン体の含有量が少ない食品を選ぶことも大切ですが、食品摂取の影響が20%。そして自己再生される体内のプリン体の影響が80%。つまり、食品に含まれているプリン体の量を気にするだけでは、尿酸値のコントロールはできないということが言えます。

スポンサーリンク

牛乳で尿酸値を下げる方法

プリン体が含まれる食品で対策をするよりも、尿酸値を下げる方法を実践する方が効率的です。そこで今、痛風対策で脚光を浴びているのが「牛乳」です。

牛乳に含まれている「カゼイン」は、体内で分解後「アラニン」に変わります。このアラニンこそが尿酸値を下げる救世主なのです。

そして、その方法とは1日にコップ1杯の牛乳を飲むだけ。たったこれだけで腎臓機能を助け尿酸の排出をスムーズにしてくれます。

しかし、もともと牛乳を飲む習慣がない人にとって、毎日牛乳を飲むのはなかなか大変なこと。ここでは、おいしく牛乳を取り入れる方法をご紹介します。

1.牛乳にプラスα

牛乳に含まれているカゼインは、熱を加えても壊れることはありません。そのため、温めた牛乳にきなこやお好みのハーブ等を加え、オリジナルホットドリンクをつくることで毎日飽きずに続けられるはずです。

2.野菜たっぷりミルクスープ

尿酸の排出を促す牛乳ですが、さらにその効果を高めるオススメの食品があります。それが、野菜です。たくさんの種類の野菜を入れることで、ミルクスープにも旨味とコクがでるだけでなく満足感もUPします。

ローカロリーのきのこ類を使うことで、ダイエットにも役立つ嬉しいメニューに大変身。また少しとろみをつけることで、パスタのソースとして使うこともできます

3.ミルクがゆ

たっぷりの牛乳で煮込む、ミルクがゆ。お米をやさしい食感で食べることができます。どうしても夜中にお腹が空いてしまったときの夜食としても使える一品です。腎臓の負担を減らすためにも、味付けは薄味をおすすめします。

尿酸値を下げてくれる牛乳やヨーグルトは、特に痛風を発症しやすい男性にとって、何より強い味方と言えるのではないでしょうか?

栄養バランスの良い食事やストレスを溜めない生活が健康的だとわかっていても、仕事の付き合いなど様々な事情によりバランスは崩れてしまうものです。

しかし、少しでも体内バランスを整えるために、コップ1杯の牛乳を毎日飲むことを習慣づけてください。

スポンサーリンク

牛乳以外で尿酸値を下げる方法

牛乳を飲むとお腹が痛くなる人や、牛乳の味に馴染めない人にとってはコップ1杯の量でも辛いもの。どうしても牛乳が苦手な人は、代わりにヨーグルトや野菜を多めに摂取する、プリン体が多く含まれる食品をできるだけ避けるなどの工夫が大切です。

痛風は、一度発症すると一生付き合っていく病気ですが、全てを我慢する必要はありません。尿酸値をしっかりチェックし、食事や日常を楽しみながらコントロールしていきましょう。ここでは、牛乳摂取以外の尿酸値対策方法をご紹介します。

1.食事はゆっくりよく噛んで食べる

早食いは、血糖値を上げる原因のもとです。血糖値が上がりインスリンが大量に分泌されることで、尿酸値も上がる可能性があります。また食べ過ぎは肥満の原因にもなります。時間に余裕を持ち、よく噛んで食べることで食べ過ぎも防ぎましょう。

2.低脂肪ヨーグルトを食べる

牛乳以外の乳製品にも、カゼインは含まれています。牛乳が苦手な人は、代わりに低脂肪ヨーグルトを食べましょう。砂糖や果物が入っていないプレーンタイプのものがおすすめです。

3.野菜中心の食生活に変える

乳製品ほどではありませんが、野菜にも尿酸の排出を促す力があります。また、野菜をたくさん食べることでカロリーの取りすぎを防ぐことができ、肥満予防にも役立つというメリットも。プリン体が多い食品を食べるときには、たっぷりの野菜と組み合わせることをおすすめします。

4.プリン体が多い食品は、ゆでる・煮る調理法を

プリン体の摂取による影響は20%とはいえ、プリン体が多く含まれる食品を日常的に摂取することはオススメできません。

しかし、どうしても食べたいときはあるもの。そんなときは水に溶けやすいプリン体の性質を活かして、ゆでる・煮る調理を行ってください。


5.ラーメン等のスープは飲み切らない

ラーメンの種類にもよりますが、特に煮干しのダシを使っているラーメンは注意が必要です。煮干しは食品の中でもプリン体が多く含まれている上、水に溶けやすい性質のためスープの中には大量のプリン体が入っています。どうしてもラーメンが食べたいときも、スープは残すようにしましょう。

6.ストレス発散を心がける

特に、一度痛風を発症した人の場合、ストレスが過剰に溜まったときに再発する可能性が高いです。

ストレスが尿酸値を高くするというよりも、ストレスからの暴飲暴食やアルコールの過剰摂取も原因のひとつと言えます。どのような趣味でもかまいませんので、食べること以外の趣味を持ち、定期的なストレス発散を心がけましょう。

最後に

尿酸値を手軽に下げる方法に1日1杯の牛乳を飲むだけなんて、嬉しい発見ですよね。普段、尿酸値が高くない人でも、体の状態は年齢とともに変化していくものと考えます。

いつもは健康でも、プリン体を多く含む食品を好む人は牛乳を飲む習慣を取り入れても良いかも知れませんね。

皆さんのライフスタイルが綺麗で健康でありますように BHL.