スポンサーリンク

歯茎が腫れて痛すぎる!自宅でできる応急処置とやってはいけない4つの事と簡単予防方法!

92d72c8aa46b15d774e26fe762697161_s

みなさん、歯茎が腫れて困ったことはありませんか?実は、私は歯周病でして、普段の生活において少し無理をすると肩がコリ、そして歯茎が腫れて痛くて痛くて大変なことになります。

ズキズキうずくし、ご飯は食べられない。頭も痛くて何もできなくなり、かなり苦しみます。まさに生き地獄です。私の場合これがしょっちゅうあるのです。

そんな生き地獄を少しでも改善できる方法はないものか?と思いつつ、本日までに私が学んだ歯茎の痛みを和らげる応急処置と、とっておきの予防方法をお話しします。

スポンサーリンク

はじめに

歯茎が腫れる原因はいくつかありますが、今回は歯周病により歯茎が腫れる場合の応急処置のお話になります。

歯周病

ご存知のない方に少しだけ簡単にお話いたしますが、歯周病って細菌の感染によって引き起こされる炎症で、中高年の約8割の人が患っている歯の病気になります。

歯と歯茎の間に食べかす等が溜まり、よく歯磨きをしないと細菌が繁殖し炎症がおきて腫れ上がったりします。(この時に、痛みが出るんですね)

やがて、歯周病が進行すると「歯周ポケット」と言われる歯と歯茎の間の溝が深くなり歯を支える土台となる骨が溶けてしまい、やがて歯が抜けてしまいます。

早期に治療して、ちゃんと歯磨きをすれば良いのでしょうが、歯周ポケットが深くなってからでは遅いと言わざるを得ません。

ちゃんと歯磨きをしても歯周ポケットの奥まで歯ブラシが届きにくく、食べかすなどを掃除しにくい状況になります。

そして、それが私になります。今は半年に一度歯周病の検査をしに歯医者さんへ行き、毎日、歯間ブラシと歯磨きを頑張っていますが、少し無理をすると、歯周ポケットが深いところの歯茎が腫れてしまい、痛みでもがき苦しみます。

そんな私が学んだ歯茎が腫れてときの応急処置をご紹介いたします。

スポンサーリンク

歯茎が腫れた時の応急処置

痛み止めの市販薬を飲む

個人差があるかもしれませんが、痛み止めはよく効きます。常備しておくことをオススメ致します。市販薬ランキングはコチラです。

冷やす

「冷えピタ」などで冷やすと痛みが和らぎます。

また「サロンパス」を張ることもオススメ致します。腫れている歯茎の近く、ほっぺたや顎の下などに張ると痛みが和らぎます。その時は、適度なサイズに切って張ると便利ですよ。

肩コリからくる歯茎の腫れの時は、肩や首筋の固くなっているところにも張ると効果的です。

うがい薬で口の中を消毒する

イソジンなどの殺菌力が強いうがい薬でうがいをします。細菌が原因の歯周病ですから殺菌効果の高いうがい薬が効果的と思われます。

柔らかい歯ブラシで歯磨き

歯茎が腫れている時に歯磨きを頑張ると逆に歯茎が腫れてしまう事があります。やさしく優しく磨いてください。

安静にする

歯茎の腫れは、体調が思わしくない時によく起こると言われています。お粥や、なにか歯茎が痛くならないような物を食べ、薬を飲み安静にしてください。

アジー(アジスロマイシン)を服用する


アジーは細菌をやっつける薬と言われていて歯周病にとっても効果的だと言われています。その驚くべき効果と数々の口コミはコチラです。

多くの方がもっと早く知りたかったと言っておられます。オススメです!

では、次のページでは、やってはいけない4つのことをご紹介いたします。