バストアップの基礎講座!バストが大きくなる仕組みと小さい原因を分かりやすくご説明致します!

スポンサーリンク

リンパ
バストを大きくする為には、まずはバストが大きくなる仕組みを知らなければなりません。それを知ることがバストアップの近道になります。

そして、どうしてバストが小さいのか?それも原因があります。それは日々の習慣に隠れているかもしれません。

「バストアップの仕組み」と、「バストが小さい原因」を正しく理解し、理想のバストを目指しませんか?

スポンサーリンク

バストの構造

バストがどんな構造になっているのかご存知ですか? バストアップに重要な組織を簡単にご説明致します。これらを理解することで闇雲にバストアップするのではなく、理想のバストへの近道にして欲しいのです。

bust_structure

画像:ガールズレシピ

バストアップに欠かせないバストの組織は、「大胸筋」「乳腺」「クーパー靭帯」「脂肪」の4つの組織から成り立っています。(*あくまでバストアップに欠かせない組織ですのでお間違えなく)

スポンサーリンク
 

大胸筋

聞いたことある人がほとんどと思いますが、大胸筋はバストの土台となる組織です。大胸筋は美しいバストを支えるための大事な筋肉で「理想のバスト」に欠かせません。

いくらバストが大きくなっても、ある程度大胸筋を鍛えておかないとせっかくのバストが垂れてしまい「理想のバスト」にはなりません。

乳腺

女性のバストは主に9割の脂肪と1割の乳腺で出来ています。胸の膨らみは、乳腺が発達しその周りに脂肪が付くようになっています。従って乳腺が発達しないことにはバストは大きくならないのです。

バストは常に9割の脂肪と1割の乳腺で出来ていると言われています。つまり乳腺が2になるとバストの脂肪は18になるのです。そして、一般的に乳腺は「エストロゲン」の作用によって増殖し、「プロゲステロン」の作用によって発達するといわれています。

クーパー靭帯

クーパー靭帯とは、バストの乳腺や脂肪を支えている組織で、乳腺を皮膚や筋肉に繋ぎとめてバストの形状を保つ組織です。

クーパー靭帯は伸びることがあり、場合によっては切れてしまうこともあります。クーパー靭帯が伸びたり、切れてしまうと再生することができず、バストが垂れるなど形が大きく崩れてしまいます。

理想のバスト作りを目指すためにはクーパー靭帯をケアすることも大切なのです。その為には激しい運動を避けること等がありますが運動が好きな方は自分に合ったスポーツブラを着用するようにしましょう。

更に、就寝中のバストのケアも重要で寝ているときはバストが垂れ下がってしまいます。そしてクーパー靭帯が伸びてしまいます。ですので、就寝中もナイトブラを着用するなどクーパー靭帯に負担をかけないよう注意が必要です。

忘れないで下さい。クーパー靭帯は切れると元に戻りません。

脂肪

乳房内脂肪組織と言われている乳房を作る脂肪になります。大きなバストには乳房内脂肪組織が必要不可欠なんです。

バストが小さくて悩んでいる人は一度脂肪を付ける事も一つの方法になります。健康的に脂肪を付ける為にBMI等の数値を調べる事もオススメ致します。

では、次のページでバストが大きくなる仕組みとバストが小さな原因をご紹介いたします